ピアノの先生たちも現役で演奏します!~ピアノの楽しさを”体感”できる、西久万ピアノ教室の個人レッスン♪

ピアノを弾く山本扶美

ピアノが大好き!ピアノの楽しさを伝えられるレッスンを

高知県の高校生の合唱と山本扶美のピアノ

      高知県合唱祭にてピアノ伴奏(山本扶美)

音楽を聴くことで、癒されたり励まされたりすることがありますよね。
音楽(ピアノ)を演奏すると、ダイレクトに心を揺さ振られる瞬間があります。

先日、高知県内の高校の合唱部の生徒さんたち、総勢100名ほどの、ピアノ伴奏をする機会がありました。
会場は、高知市の「かるぽーと」。 実は私は、音大を出てから、毎年欠かさず続けてきたのが高知のいろいろな合唱団との共演でした。
コロナの影響で、ほぼ1年ぶりに練習が再開しました。

歌うことが大好きな高校生たち、全員がマスクを着けて歌い、隣りとの間隔を取りながらの練習…。

さぞ歌いにくかろう、モチベーションもなかなか上がらないんじゃないかなと心配しながら臨みましたが、第一声を聴いた瞬間、高校生らしい澄んだ歌声と、合唱への熱い思いが、一つの大きな束になって届いてきました。

「やっぱり音楽っていいなあ」と、胸がジーンとしました。
ホールの大空間で、歌とピアノとのアンサンブルは感動的で、私も久しぶりに本番を堪能することができました。

ピアノのレッスンにおいても同じように、指導者は常にフレッシュな気持で「音楽」を”体感”し、その感動を伝えられるようなレッスンをしていかねば、と思ったことでした。

日々の慌ただしさに追われる中、忘れていた感覚を取り戻したような気持ちでした。

ピアノの先生も人前で演奏しよう!

実はこれ、最近の私自身へのエールでもあります、笑。

コロナ禍で、ピアノ教室を取り巻く環境は大きく変わりました。
2020年からは発表会やコンクールの延期や中止…コンサートを開催することもまだまだ容易ではありません。

西久万ピアノ教室もレッスンも、しばらく対応に追われる毎日でしたが、生徒さんや保護者の皆様のご協力により、これまで通りレッスンを続けることができました。
昨年4月の1か月間はほぼ全員の生徒さんが「オンラインレッスン」にも挑戦しました。

『こんな時だからこそ音楽を!』
お忙しい中を、いろいろと工夫をし、私共を信頼し教室へお子様を送り出してくださった保護者の皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。
私たち講師と保護者の皆様が、常に情報を共有することで、以前よりも、ぐっと距離が縮まったように思います

こんな慌ただしい毎日でしたが、ありがたいことに、教室へはたくさんのお問い合わせやお申込みをいただいています。
来年の発表会では、また新しく可愛いピアニストたちをご紹介できそうです!(^^)!

まさに、教室運営に邁進した1年半でした。

ピアノを弾く二人の女の子

発表会の講師演奏で、先生が「革命」を弾いたのがカッコよかった…と言ってくれた生徒さん

教室の発表会では毎年、最後に講師演奏をしています。
フルートやバイオリン、ソプラノの歌やマリンバ奏者の方に演奏していただき、私がピアノ伴奏をする形が多いです。
その中で時々私がピアノのソロを披露することもあります

ピアノを演奏する山本扶美

この講師演奏… 実はとても過酷なんです^^;

発表会の舞台裏は、私たち講師とお手伝いをお願いしているスタッフの連係プレー。
特に最近は、小さなお子様が多いので、一人一人の合わせた足台やアシスト(補助)ペダルのセッティング、ピアノ椅子の出し入れ、舞台袖からの生徒さんの送り出しなど… まさに体力勝負です。

しかも、手や指も使うので(指先の感覚が鈍くなってしまうほど)、全ての仕事が終わった後にピアノを弾く本番を迎えるのは、本番の条件としてはかなりアンビリバボーな状況なんです。

でも、生徒さんがきっと喜んでくれると信じて、年数だけは長くなったステージ経験と、笑顔?で乗り切っている感じです、笑。

でも生徒さんにはとても印象に残っているようで…

確かに、普段レッスン室でワイワイお喋りしている先生が、突然舞台でドレスを着て真剣な顔でピアノを弾いてくいると、面白いですよね、笑。

日々の慌ただしさに、この1年半は自分がピアノの練習に向かう時間はすっかり後回しになってしまいした。

何とか上手にやりくりをしてじっくり向き合っていかねば!と今、気持ちを奮い立たせているところです。

ここ数年で出演したコンサートのご紹介~山本扶美プロデュースピアノコンサート2017・2019

2017年と2019年に、音楽大学を卒業した教え子たちとピアノコンサートを開催しました。(コロナ前の年です)

とにかくピアノを弾くことが大好きな彼らは、現在、中学校や高校の音楽の教諭やピアノの指導者として活躍しています。

山本扶美と教え子のピアノコンサート 山本扶美プロデュースピアノコンサート2017のチラシ山本扶美プロデュースピアノコンサート2019のチラシ

ピアノを演奏するピアニストたち

高知新聞社の記事 山本扶美ピアノコンサート

高知新聞社にも取材していただきました。

 

少しずつですが、音楽の活動も戻ってきているように感じます。

音楽を身体いっぱいの感じて、伸び伸びと表現できる日が早く戻りますように

西久万ピアノ教室のレッスンでは、ピアノの技術だけでなく、音楽の楽しさを伝えられるレッスンをしてきたいと思っています。

 

高知市の西久万ピアノ教室は、幼児から、小学生、中学生、高校生、保育士を目指す学生さん、シニアの方まで幅広い年齢層の方が通われています。

平日から土日まで、現在2名の講師で教室を運営しています。
いつも賑やかに楽しくレッスンしています。

レッスンについての詳しい内容・コースにつきましては、教室ホームページをご覧ください。

西久万ピアノ教室のホームページ

 

関連記事

  1. 【人気記事ベスト3】たくさんの方にお読みいただきました

  2. ピアノを弾く男の子と先生 高知市 西久万ピアノ教室

    ピアノ&電車が大好き!年長さん「ピアノ男子」【高知市・西久万…

  3. ピアノを弾く大人の女性の生徒さん

    「大人の女性のためのピアノ」今、静かなブームです~主婦の方・…

  4. グランドピアノや電子ピアノ

    電子ピアノとアコースティックピアノの違い【高知市・西久万ピア…

  5. 指番号積み木

    ここの教室が楽しいよね(*’▽’)生…

  6. 日本ピアノ教育連盟オーディション「全国大会(高校生)」へ

  7. 三色だんごとさくらんぼ

    ピアノを始める年齢は?【高知市・西久万ピアノ教室】

  8. 習慣化がカギ!~毎日のピアノの練習&ピアノ教室の工夫~

  9. 【レッスン教具(グッズ)のご紹介】分かりやすくて楽しい個人レ…

  10. 小学校の音楽会のイラスト

    <音楽会の伴奏オーディション〉子供たちの成長&ピアノ伴奏のコ…

  11. ピアノは脳を活性化する

    ピアノを習っているのに、楽譜が読めない?なぜ⁈~ピアノは脳を…

  12. ブルグミュラーコンクール四国ファイナル

    ブルグミュラーコンクール「四国ファイナル」金賞・銀賞・奨励賞…